手取り10万円でも大阪市内に住むことができます【過去の自分に伝えたいこと】







どうも、サラリーマンブロガーの匠(@takuchan_PT)です。

僕は9年目のサラリーマンとして働いています

 

社会人一年目の冬から一人暮らしをしていました。

当時は生活費がなんでそんなにかかっていたのか不思議でした。

 

今は結婚して妻と子供と3人で賃貸に暮らしています。

そしてお小遣いは1万5千円と割と倹約な生活を送っています。

でもとても幸せです。

 

先日、こんなツイートをしました。

大阪市内で10万円で暮らそうと思ったら全然暮らせることに気づきました。一人暮らしをしていた当時の僕の手取りは20万ちょっとでしたが、金ないなぁと常に思っていましたが、当時の僕をぶっ飛ばしたい、そんな気分です。

 

大阪市内でも10万円あれば一人暮らしはできると思います。

解説しましたので、少しお付き合いください。




手取り10万円でも大阪市に住むことができる理由

固定費が意外と安く済むからです。

大阪環状線沿いでも意外と安い家賃

今回はこんな条件で家賃をスーモで検索してみました。

  • 大阪環状線沿い
  • 共益費・管理費込み
  • 駅から15分以内
  • 家賃は45,000円以内

すると5300件ほどヒットしました。

 

中には築年数が浅いものもあったりして、大阪市内でも意外と安い賃貸があるやんと思いました。

 

ちなみに僕は大阪市の港区に3年ほど賃貸をかりて住んでいました。

当時の家賃は水道代・共益費込み50,200円でした。

  • 間取り:1SK
  • トイレと風呂別
  • オートロックなし
  • 駅まで徒歩15分
  • 洗濯機置き場は室外

上記のような条件です。

 

家賃以外の生活費の内訳はこんな感じ

家賃45,000円として、それ以外の費用はこんな感じが理想と思います。

  • 通信費(固定Wi-FiもしくはポケットWi-Fi):4,000円
  • スマホ(格安SIM):2,000円
  • 光熱費:5,000円
  • 水道代:2,000円
  • 食費:20,000円

ということで33,000円くらいでしょうか。

この額は僕がこの1か月実際に過ごしている金額を参考にしています。

 

10万以内に収まる生活費

ということで、合わせて78,000円と10万円以内で余裕で生活ができると思います。

むしろ22,000円もあまりがでるのには驚きました。

 

贅沢をしなければ10万以内で大阪市内で意外と生活ができますね。




手取り10万円でも貯金もできる

ということで、貯金もあわよくば投資もできます。

 

手取り26万円のサラリーマンの僕より多い自由に使えるお金

手取り26万円でサラリーマンですが、僕のお小遣いは15,000円です。

先ほど見積もった10万円の暮らしで自由に使えるお金より僕の方が実は少なかったりします。

なので、22,000円もあれば結構いろんなことができると思います。

 

  • 投資
  • 貯金

この2つは間違いなくできるでしょう。

特に投資に関しては大金がなくても十分に可能です。

月100円からでも投資はできます。

 

ちなみに僕はお小遣いのうち3000円を投資に回しています。

【手取り26万】月3000円のほったらかし投資生活を始めてみた感想

2020.05.20

 

ゆる~く働きながら好きなことをするのも悪くない

仕事漬けの毎日で精神が崩壊してしまうくらいだったら、月10万くらいをアルバイトで稼いで自由に過ごす方がよっぽどいい暮らしができると思います。

別に大金があるからと言って豊かな暮らしができるとは限りません。

お金の管理をしっかりわきまえれば生活に最低限のお金があれば十分豊かに暮らせると思います。

少ない給料でも豊かに暮らすたった1つのコツ

2020.05.28




手取り10万なら欲は捨てて、生きてるだけで丸儲け精神で生きましょう

大切なことは「足るを知る」の精神です。

 

手取り10万円なのに欲を出したら一瞬で破産します

欲は出さない方がいいと思います。

マネーリテラシーが低いうちは特にクレジットカードに頼るととても危険になるでしょう。

 

大切なことは、たった10万円なのにそれでも困らず暮らしているということに満足することです。

日本に生まれただけで丸儲けです😌

・ご飯が美味しい
・国民皆保険制度がある
・水道水がどこでも飲める
・異常なくらい礼儀正しい
・外で寝れるくらい治安がいい
・保険料は会社が半分支払ってくれる

こんないい環境なのに、文句を言う人はどんな状況になっても結局変わることができないと思います

日本で10万円もあれば割と豊かに暮らすことができると思います。

もしもお金がなくて生活できなくなっても最終手段に生活保護を受けるということもできたりします。

 

なので、日本に生まれて生きているだけで丸儲けです。

これ以上欲を出すと一瞬で生活は奈落の底に落ちてしまうので、目先の欲望には十分注意しましょう。




まとめ|手取り10万円でも大阪市内に住むことができます

というわけで、本記事は以上になります。

 

最後に一つあり、それは「見栄を張らずに生きよう」ということです。

見栄を張って着飾ると、無駄な出費がどんどん増えていきます。

見栄を張らずに自分が楽にゆるく生きれる方がよっぽど気持ちも経済面も健康的に過ごすことができます。

 

今回は手取り10万をベースに話しましたが、一人暮らしなら給料が増えても住居に費用を大してかけなくても幸せに暮らせると思います。

生活費も同様です。

本当に必要なものだけを洗練して過ごすことこそ贅沢の極みだと思いますよ。




僕のブログでは【サラリーマンのお金の管理・貯金方法を発信中!!】と題して、お金の管理のこと、マネーリテラシーに関すること、働き方に関することや暮らしのことを発信しています。

気になる方は人気記事のリンクを張っていますのでよろしければそちらにも遊びに来てください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

手取り24万 貯金,24万 貯金,浪費 貯金,結婚式 貯金なし,

手取り24万円、当時浪費家だった僕が1年間で120万円貯金できた話

2017.10.02
サラリーマン ブログ,サラリーマン 副業,会社員 副業,サラリーマン 転職

残業ありきの働き方がおかしすぎる

2018.04.10

セーフティネットは自分で準備しましょう|貯金がないと詰みます

2020.04.13