ネイマール散る、デブライネのミドルで粉砕!!

スポンサードリンク

サッカー王国ブラジル、ここで散る

ネイマール擁するブラジル代表。

下馬評ではブラジル勝利とされていただろう。

しかし、先制はベルギーのコーナーキックからカゼミロに代わってスタメン起用のフェルナンジーニョのオウンゴールでベルギーが先制。

それまではブラジルのコーナーキックから立て続けにチャンスがあっただけにブラジルとしては嫌な展開。

さらに、ベルギーは日本戦で見せたようなカウンターから、デブライネのミドルで追加点。

日本戦でザル状態だった、両サイドバックの外のスペースも4バックにすることでケア。

見事な修正力で安定した守備でブラジルの攻撃をことごとくブロック。

ネイマールにもろくにプレーをさせず、コウチーニョエリアもしっかりブロック。

前半開始早々のブラジルの波状攻撃以外はほとんどチャンスを作らせなかったベルギー。

前半終了し、2-0でベルギーリード。

そして後半にフィルミーノ・ダグラスコスタ・アウグストを投入しひたすら攻め続けるブラジル代表。後半30分頃にコウチーニョの絶妙なパスからアウグストのヘッドで1点を返すが、その次の1点が遠く、決定的なシーンはことごとく枠外、もしくはクルトゥワのスーパーセーブに阻まれる。

さらにアザールがボールをうまく保持して時間を有効に使うベルギー。

最後の最後までベルギーの牙城を崩せず、ブラジルはここで万事休す。

ベルギーがベスト4に進出。

エムバペ・ポグバ・グリーズマンVSアザール・ルカク・デブライネ

両チームともにスターを擁する優勝候補。

この準決勝は事実上の決勝戦といっても過言ではない戦い。

今日の両チームの戦いをみると、ベルギーの方が攻撃はスムーズな印象なので、ベルギーがやや有利か。

CR7・メッシ・スアレス・カバーニ・イスコ・ハメスといったエースたちがいなくなり、さらにここでネイマールも散った。

今日の夜はクロアチア・ロシア・スウェーデン・イングランドの戦いがある。

何が起こるか全くわからない今回のワールドカップ。

最後まで目が離せない戦いになりそうだ。