デスクトップPCが、部屋を強調する。

SONY VAIOオーナーメードモデル

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

今日はミニマリストの僕が愛する『デスクトップPC』について。

僕は2013年の一人暮らしを始めたときから、このPCを使用しています。

それまで実家暮らしだった僕は、デスクトップのPCにめちゃめちゃ憧れを抱いていました。

晴れて一人暮らしを始めることになったとき、TVも一緒に観ることが可能なPCを探していたところ、このPCをみつけ購入に至りました。

モニターにマウスやキーボードをせずにBluetoothで接続できる点も今では普通ですが、当時の僕にはすごく目新しかったこともあり即買いでした。

デスクトップPCのいいことってなに

・家の中での作業場が決まるので、生活にメリハリが出る

・とりあえずかっこいい(と思っている。)

・画面がでかいので作業がしやすい

・部屋の中で強調されて、存在感がかっこいい。

ノートPCは持ち運びができて作業場所が決まらないのが最大のメリットですが、デスクトップPCは家の中での配置が決定します。自然と書斎スペースを作ることができます。くつろぐ場所と作業をする場所の区別がはっきりするので、作業にも生活にもメリハリがでてきます。

で、とりあえずかっこよくないですか?こう思っているのは僕だけでしょうか?

僕はデスクトップPCのこの存在感はかっこいいと思います。

部屋をシンプルにして、このデスクトップPCがドンと居座っている。

部屋のアクセントになって僕はめっちゃ好きです。

最後に、画面がノートPCと比べると圧倒的に大きいと思います。

なので、Word・Excel・PowerPointなど仕事でよく使用するこれらの作業もしやすいし、縮こまらなくていいので身体も疲れません。

デスクトップPCとノートPCの2台持ちが理想的

僕は、このデスクトップPCを購入してから、しばらくしてsurfaceも購入しました。やっぱり外に出ても作業したいときってどうしてもあります。気分も変わるのもあるし、どうしても資料やデータ処理が間に合わないときも。そうなるとデスクトップPCだけでは不便でした。

surfaceに関してはsurface2を使用してて、動作環境もよくないのでそろそろ新調したいなともおもっています。

クラウドを使えばノートPCも不要かも

余談ですが、クラウドを駆使するとデスクトップPCユーザーでもPCさえあればどこからでも家にいるのと同じように作業することも可能となります。

ちなみに僕の場合はマイクロソフト社のOneDriveというクラウドがあるので、データはそれで管理しているのがほとんどです。USBも持たなくてもいいし、職場など自分の所持していないPCからも一瞬でアクセスできるので非常に役立っています。

USBはもう必要ない、クラウドを駆使せよ!

もう最近はスマホにアプリさえ入れておけば、ノートPCも外では必要ないかもしれません。

職場にフリーのPCがある人はPCすら持ち歩かなくても家と同環境で作業ができます。

デスクトップPCが、部屋を強調する。

不便?!と思われがちですが、意外とそんなことはありません。

どこでも作業ができるのもいいかもしれませんが、決まった場所でしか作業ができないことも、作業を効率的にするためには必要かもしれません。

モノを持たない人ことがミニマリズムと考えている人からしたら、真逆の行為に見えるかもしれませんが、大好きなものが部屋の中で強調されて、ドーーンといるとすごいいい気分になれるし、それが本物のミニマリズムだと思いますよ。



コメント

  1. […] 06:18デスクトップPCが、部屋を強調する。…takumi1203.com2018-04-11 […]