散在する父、足るを知るを実践する母


こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

突然だが、僕の両親は笑ってしまうほど真逆の生活をしている。

父の生活はまさに『散在』と『八方美人』で成り立っている。

母の生活は『質素』だけど、大切な人のためには『投資』を惜しまない。




散在する父、足るを知るを実践する母

外面がよくて、人付き合いはとてもいい。でも自分の欲にお金を次から次への浪費する父。

酒・女・趣味・・・何にお金をそんなに使っているのだろうか。

なぜそんなにお金をばらまくように使っているのか。僕には到底理解できない。

怒りすらこみあげてくる(笑)

そして、いつも家ではイライラしていてどこか不満そうだ。

一方の母。

特別な生活をするわけでもない。仕事もして、僕たち兄弟が家をでてからは余裕もあるはず。

でも大した買い物もせず、いつも同じ服をきているし、新しい家電を買うわけでもない。

高級な食事をするわけでもない。

お金を使うときは妹や僕に投資してくれることがほとんどで、そこには惜しみがない。

でもいつもめっちゃ『ニコニコ』して、笑顔にあふれている。

お金があるから幸せとは限らない

両親はともに働いていて、手取りは圧倒的に父の方が多い。

家には最低限しかお金を入れず、自分の好きなことにお金をつかっているのにいつも不満そうな父。

質素に生活しているけど、いつも笑顔でいるのは母。

母曰く、今の生活より贅沢な生活もできるけど、今の生活に満足しているし、そもそも贅沢する必要がないから、別にいいんだとか。

それよりも、もっと別のところにお金を回した方が自分も幸せになれるとか。

この状況を見て思う。

『お金があるから幸せとは限らない』

『足るを知る』、改めてこの言葉を心に刻もう。

▶あわせてよみたい:『足るを知る』とはなにか。

https://takumi1203.com/post-1205