一日三食は食べすぎ?!一日二食生活を始めてみた

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

先日走ってきた大阪マラソンの途中、ふと思ったことがあった。

『昔の人の身体、コスパよすぎひん?!』と。

▼あわせて読みたい▼

▶20代ラストチャレンジ!!大っ嫌いなマラソンを完走できた話




スポンサードリンク

一説にある一日二食生活

僕が『昔の人の身体、コスパよすぎひん?!』と思った理由。

・交通の便は主に自分の足

・現代と違って量的にも質的にも少ない食事

・それにもかかわらず、何日もかけて遠方へ遣える

さらに調べて分かったこともあった。

なんと江戸時代中期までは一日二食で生活をしていた。

参照:Vol.139 11月 1日1食と2食と3食では、どれが健康に良いのか?

一日二食生活を始めてみた

先日、30歳となり、まだまだ健康でいたいと強く思ったので、朝夕だけ食す一日二食生活を始めてみた。始めて間もないが、すでにメリットを感じている。

・時間が空く

・昼から眠くならない

・頭が常にすっきりしている

・お腹がすくので早く帰りたいと思う

・仕事が早く終わる

・一食一食が大切になり時間をかけて美味しく食べれる

・その結果、胃腸の調子がすこぶるいい

まだ数日しか絶っていないけど、すでにこれだけのメリットがある。

ということで、今年中は継続してその結果次第では来年も継続したいと思う。