後輩に言われた、『最近残業めっちゃしてませんか?』と。

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

先日、仲のいい後輩にこんなことを言われた。

『最近めっちゃ残業してませんか?』と。

それ以来、めちゃめちゃ意識していることを記しておこうと思う。



スポンサードリンク

3年間で残業時間は20時間。早く帰るために仕事の効率ばかり考えていた

大学を卒業し入職してからの3年間。僕は残業をほとんどしたことがなかった。

記憶が正しければ、3年間で20時間もしていない。当時は17時までには仕事が終わるように段取りし、17時になるのを打刻機の前で待っていた。早く帰れるように、始業の1時間前に出勤して業務をし、昼休みも仕事をこなしていた。

4年目の春に転職。そこから少し歯車が狂い始めた。

4年目に転職した僕。

そこでは勤務時間は17時までのはずが、17時に帰る人は誰一人いなかった。みんな残って仕事をしていた。最初はそれに抗うように17時で退勤していた。しかし、気づけば17時以降に残る習慣が定着してしまっていた。何か話し合うときは隙間時間を作るのではなく、18時から話しましょうとか、残業するのが当たり前で常に仕事をしていた。

最初の1年はめっちゃ嫌だったのを覚えている。でもいつのまにか、その環境に飲まれてしまっていた。気が付けば、1ヵ月の残業が40時間近くまで膨れ上がるようになった。

残業体質になっていたことに気がつかなかった

2018年4月に入職当初の職場に戻ってきた。

すっかり残業することになれていた僕。

時間を気にせず仕事をする習慣になっていた。

気が付けば17時には確実に終わらない仕事量になってしまっていた。

いや違う、17時に終わらなくてもいいや、という思考に慣れてしまっていた。

ハッとさせられたのは、冒頭の後輩の一言。

『最近めっちゃ残業してませんか?』

この数年は1カ月に20時間以上は残業するのが当たり前になっていた。(他の仕事をしている人からしたらめっちゃ少ないし当たり前かもしれませんが、20時間を超えたら多いって言われる職業です。)3年で20時間もしていなかったのが、1ヵ月で20時間。つまり年間で240時間も自分の時間が搾取されていた。もちろん経験年数が増えたから仕事量が増えたっていうのもあるかもしれないが。

それでも、後輩に一言いわれるまで気づいていなかった。

転職した3年間で、すっかり残業体質・残業思考になってしまっていた。

忘れていた目標設定、○○時には退勤する!

それ以来、強く意識していることがある。

仕事を始める前から○○時には帰るという目標設定だ。

新人の頃は早く帰りたいから、17時に終われるように仕事の準備・段取りをしていた。

残業体質になってしまっていた僕には、その習慣がすっかりなくなってしまっていた。

ここ数日、18時には退勤する!っていう明確な目標を作って仕事に取り掛かるようにしている。すると、効果は抜群で、仕事を逆算して進めることができるようになったし、だらだらした時間も減って仕事の効率も3年前の頃に近づきつつある。

残業ありきで仕事を進めると、仕事後の大事なプライべートの時間はなくなってしまう。

自分のしたいことをする時間を確保するために、できるだけ早く帰宅するために、この3年間で見失っていたことをしっかり取り戻したいと思う。