手取り24万円、当時浪費だった僕が1年間で120万円貯金できた話

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

早速ですが、みなさん貯金はしていますか。

多分この記事にたどり着いた人は、貯金が苦手な人でしょう。

そんな方たちに、今日は僕の貯金の成功体験と貯金のコツをお伝えしようと思う。



お金なんて勝手にたまるやろうと思ってた

はっきりいうと僕は貯金がめっちゃ苦手、そして下手くそだった。

というのも、お金なんて勝手にたまると思ってたから。

独身時代で彼女がいなかった当時の僕は、給料が入ると

家賃・光熱費・通信費・最低限の食費以外の残ったお金を

服や本、勉強会などの費用、飲み代・交際費(ほぼコレ)にあてていた。

貯金は、手取りで24万もあるから勝手にできるやろと楽観視。

その結果、貯金どころか、むしろマイナス生活を送る日々となり…給料前はカード払い。

ボーナスが入るとそのほとんどはカードの不足分を補填で消えていき、

あまったお金を少しばかり貯金がしている程度だった。

まずは固定費を見直した

転機がやってきたのは、妻とお付き合いを始めたとき。

付き合い始めた当初からこの人と結婚するやろうなと漠然と思っていた。

結婚するとなれば、当然、結婚資金が必要。

そこで、当時の生活を見直すことにした。

当時の手取りは24万円で支出の内訳はこんな感じだった。

固定費

家賃:50,200円(1SK:共益費・水道代込み)

通信費:5,000円

携帯:10,000円(キャリア携帯)

光熱費:7,000円

奨学金の返済:23,000円

通勤定期:16,000円

+α(=カード払い)

固定費の支出合計:111,200円+α

+αがなければ

残高:128,800円(食費込みの自由に使えるお金)

+αが莫大すぎて、こんなに残ってた体感はなかった。

貯金は給料日が入ってすぐにやるべき!!

どの貯金関係の記事や本をみても必ず書いてある一文がある。

それは、『まず貯金をして、残ったお金でやりくりしましょう』と。

僕の場合も残ったお金を貯金するというスタイルだったので、

まずは給料が入った直後に3万円を別口座に移すことから始めた。

さらに携帯など通信費の見直しを行った。

当時は大手の通信キャリアを利用していたが、思い切ってSIMフリーに移行。

イオンモバイルのSIMフリーに変更した。

携帯代は今も月2000円程度です。

【参考:SIMフリーのメリット・デメリット】

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です 今日は僕が使用しているSIMフリーを紹介します。 僕は、中学生の時に携帯...

この結果、生活費が月に使えるお金が10万円程度となったけど、

これでも十分いい生活ができた。

プロポーズ後は60万円程度しか手元に残っていなかった

カードの後払いもこのころから、徐々に少なくなってきたので、

ボーナスの貯金もできるようになり、プロポーズするところまでやってきた。

プロポーズは定番にのっかり、婚約指輪・バラの花束・夜景の見えるレストランを準備した。

婚約もでき、二人で結婚式の準備にとりかかった。

が、内心僕は焦りに焦っていた。

理由はもちろん、式・披露宴の費用!!!

妻が理想とする挙式・披露宴会場を決めにいき、覚悟はしていたけどその額に唖然。

挙式会場のランクを落としてもらおうと思った僕は、現状の貯金額を奥さんに暴露。

すると奥さんからは意外な言葉が・・・

「1年間で貯めればいいやん」と。

いろいろ相談をした結果、

「とりあえず1年間で180万円を用意してください」とノルマを与えられた。

これにより、現実的な目標と期限ができた。

貯金方法のさらなる見直し

考える前に、即実行。

とりあえず3万円の先取貯金から、5万円の先取貯金へ変更。

始めてから3か月くらいは、浪費癖が抜けずまたカードのお世話になりそうでした。

そんなこんなで、生活に必要最低限のモノ以外はやめることにしました。

※浪費していたものは以下の通り

タバコ・酒・ライブ・誰でもよかった飲み会・コンビニ・ペットボトルなど

禁煙・お酒の節約は妻に協力してもらい、ライブも申し込みサイト自体を削除、

飲み会は本当に仲のいい友達かつ二人でも苦がない相手とだけにし、

三食すべて自炊に変更し、水筒を持参するようにした。

その結果

5万×12か月で60万円

それにボーナス30万円×2

一年間で120万円+α(10万円程度)

もともとの貯金額60万円。

あわせて、180万円+α

目標を超える結果となり、無事に目標達成することができたのだった。

貯金をするうえで大事なこと

方法論として何よりも大事なことは、

『給料日にまずは貯金すること、余ったお金で生活する習慣をつけること』

そして、「目標を明確にすること」「明確な期限を設定すること」が大事だと思う。

僕には、結婚式・披露宴の費用をためるという明確な目標と

それを達成する明確な期限も設定されていた。

目標があっても期限がなければ後回しになりかねない。

貯金をしたい人は、目標の明確化と期限の設定をしてみてはいかがでしょうか。

これができないなら、貯金せずにどんどん自己投資した方がいいでしょう。

あわせてよみたい:【ズボラな人も必見】約4カ月で余裕で100万円以上を貯めた話