どうして僕たちは働くのか。

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

4月となり年度も変わり、それを機に一人暮らしを始めようと思っている方も多くいるのではないでしょうか。

そのほとんどの方は、しっかり貯金もして、今後に備えようと思っているでしょう。

今日はそんな方に、どうすれば生活費をうまくコントロールできるかを提言したい。

そして最後に、どうして僕たちは働くのか、を考えてみたい。

スポンサードリンク

どれだけ生活必需品を抑えるか。

まずはコレから紹介したい。

一人暮らしやを始めることになると、家具の購入は必須と思っていませんか?

僕が一人暮らしを始めたときは、思っていました。

一人暮らしをする期間が限られているのであれば、購入しなくていいかもしれません。

そんな期間が限定の一人暮らしをされる方はレンタルサービスを利用してもいいかもしれません。

そうすることで、生活必需品にかける費用を抑えることができるでしょう。

どれだけ生活固定費を抑えるか。

生活固定費=家賃・通信費・光熱費etc…

これらをまずは見直すことで、自分の生活費用がいくらあればできるのかがわかるでしょう。

そうすると自然と、生活だけでなく、生活費にも余白が出てくるはずです。

▶手取り24万円、当時浪費だった僕が1年間で120万円貯金できた話

どうして僕たちは働くのか。

こんな記事をツイートを発見したんです。

これってちょっと悲しすぎません。

お金を貯めることが目標になってしまっててそのせいで、働く時間を増やして、使う時間をなくそうとする発想。

お金のために働くって発想でいると、すごく苦しくなると思う。

僕たちはお金のために働いているわけではないと思う。

自分のしたいことを実現するための資金を手にするために働く。

原点は、自分のしたいことを実現する、ってところにきっとあるはず。