SIMフリーのメリット・デメリット

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です

今日は僕が使用しているSIMフリーを紹介。

SIMフリーってきいて「本間に大丈夫?」「なんか怪しくない?」って思う人も多いだろう。

実際僕もSIMフリーに帰るまではauユーザー。

社会人になって、iPhoneを持つようになってからも、auの料金プラン。

ちょっと値段はするなぁとか思っていたけど不便は一切なかった。

auからSIMフリーに変更しようと思ったきっかけはどうやったら貯金ができるかなと考えるようになってからだった。

それから1年半くらいSIMフリーでスマートフォンを使用している。

キャリアよりもSIMフリーにした方がメリットが多いので、SIMフリーにする勇気のない人しようと思っているけど悩んでいる人のために僕が感じたメリットデメリットを記したい。

スポンサードリンク

メリット

早速だがメリットを記す。

利用料金が圧倒的に安い。

これに尽きる。

ドコモ・au・Softbankといったキャリアの利用料金がだいたい¥10,000近くかかるのに対して、SIMフリーの場合は¥3000以内に収まることがほとんど。

ちなみに僕がauでiPhoneを使用していたころはひと月の利用料金は¥8000。

今はAEONのSIMカードを使用しているのだが毎月¥2000程度。

妻と合わせても¥5000程度。

安いから通信速度が遅くないか?

これに関しては、心配は無用。

僕が使用しているAEONモバイルのSIMはドコモの通信回線を使用している。

通信速度はキャリア携帯なみ。

使用していて遅いと思ったことはない。

なぜキャリア回線を利用できるのか

SIMに関しては、基本的にキャリアの通信回線を借りているそう。

AEONモバイルのSIMはドコモ回線を借りているだけ。

SIMを提供している会社は通信回線を借りているため、通信回線の事業所や人件費がかからないらしい。

SIMの方が通信費が安くて済む理由はここにあるみたい。

 デメリット

修理に行きたいときにショップがない

スマホを落として画面が割れた。

タッチパネルの操作ができない。

水没してしまった。

色々あると思います。修理をすぐに出したいときが。

キャリア携帯なら、駅前やショッピングモールにあるショップに行けばいい。

でもSIM携帯の場合、そのショップがそう身近にありません。

SIMフリーでiPhoneを使用されている方も、そんな身近にApple Storeがないことがほとんどなのではないでしょうか。

なので、故障した時の手間はかなりかかる印象。

てか、かかります。

故障したときの代替機とかもない。

まぁ、そんなに故障を頻繁にすることは普通に使用していればほとんどないので、気にならない方は気にしなくてもいいでしょう。

まとめ

今日はSIMモバイルのメリットとデメリットについて紹介しました。

僕は結果的に5000円以上の節約になった。

色々なサービスを付属したSIMフリーを提供している会社があると思う。

料金だけに目が行きがちだけど、環境によっては不便なことも多い。

それを差し引いても、固定費を下げるために僕はSIMフリーを強く推奨します。