朝の習慣

ぱーぱぱーぱぱーらぱー、ぱーぱぱーらぱーらら、ぱーららららー♪

朝の5:00、スマホで設定したトランペットの目覚ましで僕は起床する。

目覚ましを止めて、寝ぼけた頭でキッチンに足を運ぶ。

まだぼんやりしている中でお湯を沸かす。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

一日の始まりはコーヒーを入れるところから

いつも決まったスターバックスのマグカップを用意して、コーヒーを注いでいく。香ばしい薫りがフワッと漂う。

一口、二口、ちょっと苦めのコーヒーを口にしていくと、徐々にからだのスイッチが入っていく。

やっと夢から解放されてからだの目覚めを感じる。

特等席に座り込む

コーヒーを片手に向かう先は、僕の特等席、デスクトップPC前。

冬場はこの時間はまだまだ日が昇らない。

PCのブルーライトが朝日の代わりだ。

PCのスイッチを入れて、PCが起動されていくのをコーヒーを飲みながら待つ。

PCが立ち上がったころには、コーヒーはもうない。

作業の準備完了だ。

Twitterを立ち上げ、#早起きチャレンジ、のタグで今日も早く起きた事実をログする。

静寂こそ贅沢

朝は静かだ。

車の音、上の階の子供の足音、昼間なら聞こえる音もほとんど聞こえない。

聞こえてくるのは、風の音に雨の音、自然の音がほとんどだ。

静かな場所で、ゆっくりと好きな事をしながら朝を過ごす。

僕は仕事に行く前のこの習慣を大切にしている。

自分の心を落ち着かせるために。

もうそろそろ仕事に行かないといけない…朝の習慣をもう少し楽しみたい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク