情報過多の時代だからこそ、ノートとペンで強制的にアウトプット

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

今月からスキマ時間で始めたことがあります。それは強制アウトプット。

情報過多の現代、新聞や本、雑誌だけじゃなくスマホやインターネットなどいろんなメディアから情報が収集できると思います。

でも情報を手にしてのは、いいけどうまく活用できていない事に気がつきました。

そこで強制的にアウトプットを始めることにしました。

スポンサードリンク

強制アウトプットはノートでする

僕はアウトプットする場をSNS上とノートに使い分けています。

もちろんそれには理由があります。

ノート(メモ帳)にアウトプットするとき(=オフライン)

・インプットした情報が過多のとき

・頭の中がてんぱっている時

・図や絵で表現したいとき

・色んな情報を合体させて解釈したいとき

・新しいことがひらめいたとき

SNSでアウトプットするとき(=オンライン)

・人に役立ちそうな情報な時

・Webコンテンツを共有・メモしたいとき

・ノートを持つことができないとき

このように自分の心理状態や場面によって使い分けています。

SNS上だけにアウトプットするとどうしても他人の目を気にしたアウトプットになったり、情報がながれていってしまいます。でもノートなどオフライン上でのアウトプットならすぐにその情報に戻ってこれるし書きなぐることもできます。

強制アウトプットにはノートがおすすめ

オンラインの状況をまず遮断してみてください。

機内モードにすればオンラインを断つことはできますが、思い切ってノートにアウトプットしてみましょう。

スマホのメモ機能にアウトプットするとどうしても他のアプリを起動させてしまったり、情報を収集する状況になってしまいます。

ノートとペンを片手に物静かなところに数分間だけでもこもって何か思いついたことをメモする。これが自分の中から湧き上がることをアウトプットしていく最強手段だと思います。

少し状況は変わりますが、お風呂やトイレの中で急にひらめくことはありますよね。あれもこの強制アウトプットと似ていて、インプットする環境がないので脳がアウトプットをするしかないのです。

究極、お風呂の中にメモ帳を持ち込めば、アウトプット効率がよりよくなるかもしれません。

まとめ

僕も強制アウトプットを始めてまだ数日ですが、すでに色んな事が思いついて仕事や生活場面に活かされています。オンラインがある生活が当たり前の時代こそ、オフラインでの作業にもう一度目をむけてみてもいいかもしれませんね。

強制アウトプット、始めてみませんか?