旅行で感じたミニマリズム

今年はたくさん旅行に行っている匠です。

旅行先は、オーストラリア、三重、広島、長野などなど。

旅行に出ると、いつもは当たり前なことが当たり前でなくなり、

それによって、いつもは気づかないことに

たくさん気づくことができます。

このページのもくじ

写真の裏側

旅行先は、必ずといっていいほど、今住んでいるところより田舎に行きます。

自然がたくさんある場所に行きます。

いい景色、いい空気、おいしい食べ物。

自然がたくさんある場所にはそろっていることが多いです。

今まで僕は、旅行欲というものもほとんどありませんでした。

いい景色は写真でみたらいいし、

おいしい食べ物はお金を払えば食べれるし、

と考えていました。

ただ、それは勘違いでした。

いい景色は、写真で見るより、自分の目で見たほうがいい。

目だけじゃなくて、そこで感じるにおい、気温、空気、音。

それが全部集まると、今までに感じたことのない感覚になります。

いつも当たり前に使うカメラだけではこんな体験はできません。

最近は「もっといろんなところに行っとけばよかった」と思います。

ミニマリズム

自然が多い場所はほぼほぼ田舎です。

車の通りは少なく、建物も少ない、人も少ない。

それにより、自然の壮大さを感じます。

まさに、ミニマリズム。

便利かどうかといわれれば、そうではないけれど、

それはそれで他にいいことがたくさんありました。

便利の裏側に、こんないいモノが隠されてしまっていることに今さら気づきました。

田舎暮らしも悪くないな。

旅行に行って感じた、新しい価値観です。