キャリアをどう積むか。~アラサー男子の悩み~

最近、30歳以降のキャリアに悩みっぱなしの匠です。

僕は社会人6年目で、世間一般ではまだまだ若手です。

僕の職場では、6年目が中間管理職です。

本当にやりたい仕事なのか。

正直言うと、今の僕はこの仕事を本当にやりたいと思っているかがわからない。

勉強欲でいっても、2-3年前の方が圧倒的にあったように思う。

いまは目標を見失っているというか、

これからのキャリアを想像することが全然できていない。

ざっくりと頭に思い浮かぶのは、

人のためになることをしたいということ。

そういう意味では、今の仕事はマッチしている。

ただ、なにか物足りない。

本当にこのまま理学療法士だけで僕の人生が進んでいってもいいのか。

もっと他に自分のやりたいことはないものなのか。

キャリアを積む

キャリアを積むということは

それまでやってきたことをもとに、自分自身を更新していくこと。

ぼくがこれまでやってきたこと。

理学療法士としての診療業務。

学生・新人といった後輩たちの教育業務。

中間管理としてのちょっとしたマネージメント業務。

ただ、これらのことは誰でもしていることといえば誰でもしていること。

僕にしかできないやってきたこと。

今の職場や前の職場でも感じることは、

他のヒトが気づいていないことになぜかすぐに気付くことができること。

その内容は、様々。上司もこの能力は買ってくれている。

この能力を何かほかに活かすことができないか。

それは現在模索中で、

見つかると何か物足りないことへの

プラス材料になるかもしれないという希望もある。

ブログを始めて

僕はまだ自分が何にたけているかがわからない。

「自分はこれで生きていく」という自信をもって言えるものはまだ見つかっていない。

できればここ5年くらいでそれを見つけたいとおもっている。

それを発見する一助にならないかなと思い始めたのがこのブログである。

まだPV数は全然である。

ブログを始めてすでに自分の中にある変化が生じている。

・目の前にいない相手にどうやったら興味をもってもらえるか。

・どうやったらうまく伝えることができるか。

こんなことを常に意識するようになった。

今まではあんまり意識をしたことがないことだ。

自分の考えをヒトにうまく伝えるということがこんなにも難しいモノなのか。

難しいぶん、今はそれを伸ばすために勉強したいという欲も出てきている。

この記事を書いている間になんかまとまってきた

この記事を書き始めて、実は1週間くらいになる(笑)。

字数もそんなに書いていないのに

なんでそんなにかかっているのかと思われるかもしれない。

自分の頭の中にあるわだかまりが少し整理されてきた気もする。

1週間、色々考えながら書いていて、今思うこと。

今思う、なにか物足りないと感じていることの正体。。

それは

・自分の中で感じたことを相手に伝えることができていないということ。

・発信をしているつもりでも、実は発信ができていないということ。

正解かはわからないが、少しこの辺を伸ばせるように、年内は頑張ってみようと思う。

また、このことがあっていたかどうかは後日報告します。