仕事に息詰まった時こそ、理念を共にする仲間が大事になる

ちょうど今、仕事の中で『教育体制』を整えるプロジェクトがスタートしようとしている。

どういった人材が今足りていないか、どんな人材を育てていきたいか、それぞれ考えてくるようにといった上司の指示。でも僕はこの指示に少し違和感を感じていた。

いくら、いい教育体制が整ったとしても、それに誰も乗っからなければ意味がないし、ましてや育った人材が外に流出したりすれば教育が無駄になってしまう。

どうしたらいいか、考えていた時にこの記事に出会った。

「同じ理念に向かって切磋琢磨する仲間がいる、僕1人ではない」

運営するのに、一番大事なことは、みんなが同じ方向を向くこと。

明確なビジョンを共有することだということに気づかされたのだ。

仕事に息詰まった時こそ、理念を共にする仲間が大事になる。

みんなで同じ目標に向かっていくために、本当に理念やミッションが共有できているか改めて見直してみようと思う。皆さんも一度みなおしてみてはどうだろうか。