家を買うことは本当に資産になるのか。

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

人生で一番大きな買い物といわれるのが家を買うことってよく言う。

でも本当に人生に必要なモノなのだろうか。

僕は思う。

家は別に買う必要がないと。



スポンサードリンク

よく考えればわかる。家を買うことは借金を作ること。

家を買う人は決まってこんなことを言う。

『賃貸でお金払っててもその家は自分のモノにならんけど、家を買えば家賃を払い続けて最終的には資産になるやん』と。

果たしてこの資産、本当に資産なのだろうか。

もしキャッシュで家を一括で買えるのであれば、資産といってもいいかもしれない。

しかし、普通の一般サラリーマンであれば35年ローンを組むので35年後に資産となる。

30歳で家を買っても自分のモノになるのは実質65歳。

そんな先に家が自分のモノになって、その家や土地の価値は果たして担保されているのだろうか。

担保されているのであれば資産といえるかもしれないが、よっぽど立地のいい場所じゃなければ担保されないだろう。

ましてやこれから日本の人口自体減少傾向にあって、どんどん空き家が出てきてどんどん土地が空いてくると予想すれば、土地を持っていること自体そんなに価値もないのではないだろうか。

よく考えてみたらわかる。

35年ローンで家を買うことは、35年間借金を背負って生きることだ。

家を買うことで自由な過ごし方ができなくなる。

持ち家を持つと、引っ越すことはまずなくなるだろう。

でもたった一度きりの人生。

そんな狭い世界に収まっていて本当に楽しく生活できるのだろうか。

ご近所付き合いがうまくいかなかったら?子供がいじめにあっていたら?

こんなとき持ち家を持っていると非常に動きにくいのではないだろうか。

あとすごく単純に同じ場所に住んでて飽きませんか?

寝床としてしか使わないのであれば話は別。

もし、海外に住んでみたくなったら、もし国内でも違う場所に住んでみたくなったら・・・

かるーく引っ越しもできなくなるんじゃないだろうか。

要は自由でいたい

こんな田舎にも住んでみたい。

これは僕だけでなく、僕の妻も同じ考えです。

自分たちが好きなことができるような環境でいたい。

安定した生活ではなく、多少不安定でも自分たちがしたいことにチャレンジできる

環境があることのほうが、今の僕たちにとっては幸せです。

家は一番のお荷物

僕は、家が一番の荷物だと思っているから、一番最初に手放すべきだと思っている。

つまり、無理に家を買わなくても、借りれるなら借りるにこしたことない。

家を買おうか悩んでいる人、本当にその家必要ですか?

もう一度考え直してみてはいかがでしょうか。