自転車屋さんから学んだこと

匠です。

今日、自転車屋さんに空気入れに行ったときのお話です。

スポンサードリンク

僕は空気を入れに行っただけ

いつもは別のところに行っていたのですが、引っ越して約一年たって家のめっちゃ近くに自転車屋さんを見つけたので今日はそこに行ってみたのです。

僕「こんにちは」

自転車屋さん「どうされましたか」

僕「空気を入れを貸してください」

自転車屋さん「いいですよ。入れましょうか。」

僕(ここの人入れてくれるんや。ありがたや。)「お願いします。」

自転車屋さん (プシュー。プシュー)

僕(おわったおわった。)

自転車屋さん「自転車汚れがついてるので、急いでなければ洗車をしときましょうか。」

僕「え!!!!!!」

自転車屋さん「洗車は無料でしてますから、いつでも暇なときに来てくださいね」

そんなことまでやってくれるんや。

明らかに自転車屋さんからしたら、手間で利益にもならない。

僕は、この自転車屋さんにまたいこうと心に決めました。

+αがすごくうれしい

僕が体験した自転車屋さんでのお話。

空気を入れに行って、まさか自転車の洗車をただでしてくれるサービスを教えてもらえるとは思っていませんでした。

正直これにはびっくりしました。

自分の思っていること以上のことをしてもらうとうれしくないですか?

ぼくはなんだかとても嬉しかったんです。

ちょっとした一言やちょっとしたひと手間。

他の所や人はやっていないであろうこと。

そういうことができると、人は寄ってくるんかな。と身をもって体験できました。