※浪人生必見!!浪人費用をチャラにする方法

こんにちわ、匠です。

もう今年度も終わりです。

この時期になると10年前の浪人生活の始まりを思い出します。

この記事では、僕が浪人時代に不安でしかなかった、浪人費用のこと。

そして、浪人費用をチャラにする方法をお伝えしようと思います。

予備校費用がいくらかかるか

予備校費用っていくらかかるか、現役生の方は想像つきますか?

予備校に通う浪人生や浪人を経験された方は周知のことでしょう。

いろんな予備校があるけど、大手予備校(河合、駿台、代ゼミ等)では、年間80万円ぐらい。
プラス夏季講習代などもかかって、プラス20万ぐらい。

おおよそ総額100万円!!!

自分で稼げる人からしたら、まぁ100万円か、なんて思う人もいるかも。

ただ、普通の学生・浪人生からしたら、なかなかの金額ではないでしょうか。

100万円を払ってでも勉強がしたいか!?

現役生で、この1年頑張って受験に挑戦しようとしている人!

浪人しようと思っている人!

一回、自分にこの質問をしてみてほしい。

『浪人してでも、志望校に入りたいか!?』

『100万円を払ってでも目標を成し遂げるための勉強する場所がほしいか!?』

この質問に『NO!!!!!!!!!』であれば、現役生なら、この1年間一生懸命勉強しましょう。

浪人生であれば、宅浪してください。もしくは就職してください。

予備校費用をチャラにする方法、それは・・・

さすがに初っ端から0円で予備校に入れるという話ではない。

予備校に行くにはやっぱりお金は必要。

ただ、その費用を後から、取り返すことができる。

それが予備校費用をチャラにする方法!!

つまり、特待生になればいい。

ただそれだけ!!

そんな簡単にチャラにできるわけない。

でも予備校に親のすねかじりまくっていかしてもらってるんだから、全力で勉強しよう。

全力で勉強して、自分の学力を考慮して大学を選べば、特待生にはなれるはず!!

僕の場合は、特待生になれた結果、4年間で約100万円免除してもらえた。

まとめ

予備校での生活ははっきり言って、楽しい部分もある。

色んな所から、色んな人が来ているし、かっこいい奴らや可愛い子がもたくさんいる。

だから、予備校費用をチャラにしようと本気で思えば、正直、苦しい、しんどい、きつい。

けれども、それをしのげれば学力も伸びるし、うまくいけば、予備校費用もチャラになる。

今の楽しさか、未来のために我慢するか。

本当にあなた次第。

頑張れ、浪人生。

あわせてよみたい

こんにちわ、匠です。 僕は理学療法士になるために、4年制の大学に通いました。 ただ、大学進学するために1年間の浪人もしました。 ...