浪費をなくした新しい習慣

どうも、匠(@takuchan_PT)です。

年度が変わりお金の管理をブラッシュアップすることにした。

今までは給与が入ってお小遣いをもらってから、貯金分を分けて残高で過ごすことにしていた。その理由はよく言われる「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」という状況を避けるためだ。

ここまでは、家計管理をしている方のほとんどはされている事だろう。僕もこれを実践していたし、おかげでコツコツお金もたまっていた。

でももう少し貯めることができないかな?とも思うこともあった。

自分の無駄がどこにあるかが明確じゃなかったからだ。

ということで、新しい習慣を取り入れることにした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

財布を一日一回空っぽにする

僕はココマイスターのミニ財布を使っている。収納力も限られていて厳選されたカード・現金を収めておくのに最適な財布だ。ただへさえミニマルな財布なので中身はすぐに確認することができるんだけど、一日にお金を使っていようが使っていまいが、一度財布の中身を全部出して財布を空っぽにすることにした。

その理由は毎日毎日自分がどれだけのお金を所有しているかを確認するため。中身がわからずになんとなく過ごすのと、一日の振り返りをするのは全然違う。

次の給与日までの残高と予定を確認して、無駄にお金が残っていたら予定の貯金以上に貯金に回すことができるし、そうすることで浪費する機会を削減することができる。

お金を使う計画を考えることで少しの浪費も見直すことができるようになった気がする。

小銭は貯金箱へ

一日一度財布の中身を全だしするときに行うことがもう一つ。現金を使って余った小銭は迷わずに貯金箱にインする。手持ち金額がどんどん減るやん?!っと声が聞こえてきそうだが、このルールを作ると本当に必要なモノ以外を買う時のブレーキになって浪費がさらに減った。

習慣化をアプリで手助け

最後に一日一度財布の中身を全だしするついでに、MoneyForwardに記録するようにした。以前はZaimを使用していたのだが、カードや銀行との紐づけが簡単かつ財布の中身も管理ができるので、僕的にはMoneyForwardの方が使い勝手いいように感じている。

MoneyForwardなど家計簿アプリに記録していくと、自分の支出をどんどん見える化できるので、アプリの併用は新しい習慣を作るにはとてもいい手助けになった。

浪費をなくした新しい習慣

結果的に僕は先月の倍ほど貯金することに成功した。ちょっと手間に感じる習慣かもしれないけど、ひと手間加えるだけでお金の管理が劇的に改善された。

浪費に限らず、いつもの習慣を見直すこと、一度してみてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク