本を処分する時のたった1つだけのコツを教えます!

どうも、お小遣い3万円のサラリーマンブロガーの匠(@takuchan_PT)です。

最近は暇があれば、断捨離のことをよく考えてしまいます。捨てれるものないかな、これって本当にいるかな、このスペースってもうちょっとどうにかならないかな・・なんて。

実際、断捨離するとただ捨てるのってやっぱりもったいないって気がして、どうしても手が止まってしまうときがありませんか?特に、服とか本とかを処分するとき。

そこで、発想を転換させて、処分するんじゃなくて『売る!!』って気持ちで断捨離してしまうのはどうでしょうか。

この記事では迷いなく、しかも少しお小遣い稼ぎもできてしまう断捨離のコツをお伝えしようと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

意外に処分ができない本

ぼくは職業柄、自宅に専門書が数多くあります。今までは欲しかった本をひっきりなしにAmazonで購入ボタンをクリックしていました。そんなこんなで本棚に収まりきらないほどの本が。

専門書なので、1冊で最低200ページ、多ければ1000ページを超えるモノも。

一回読んだらもう読まないってわけでもないし、またいつ読むかもわからない。

働き始めて、まったく開いていない本も山ほどあって、服とか家電とかを溜めこむのと同じように本も溜め込んでいました。

どうしてすぐに捨てれないかを根本的に考えてみたときに思ったことは2つ。

  • 「わからないときにすぐに手元で調べれるようにしとかないといけない」
  • 「わからないことがあってはいけない」

でもこの記事を読んで少し気持ちが楽になった。

参照:【ミニマリストに影響されて家にある本を処分したら心と財布の中身が豊かになった話】

いつかいるだろう、いつか読むだろうはほとんど必要ないことに気づきました。

完璧人間がこの世にはいるわけでもないし、完璧人間にならなくてもいい。わからなかったらネットで調べたらいいやんって思うようになりました。あとは職場にもたくさん本があるので、それを読んだらいいし、最終的には誰かに借りればいいやんって思うようになりました。

ぼくの勝手な思い込みを捨て、ただ積まれていた専門書を断捨離することにしました。

本をただ処分するのはもったいない。

使わない専門書といっても値段はかなりするし、あっさりと処分するのはもったいないなぁと誰もが思うと思います。これは専門書に限らず、日本人ならどんな本を処分するにしてももったいないと思ってしまうでしょう。

そして、大体の人が、今までの僕と同じようにいつか見るかもしれないから置いとこうかとなって処分できずにただただ本がたまっていくっていう負のスパイラルに入ってしまうんじゃないでしょうか。

ということで、発想を大きく転換させました。

本を処分する⇒本を売る

こうやって考えるだけで、ただ処分するのと比べたらだいぶ捨てるハードルもげることができるのではないでしょうか。

次にあるハードルは本屋に持っていくのがとても大変だということ。

僕みたいに車を持っていなくて移動手段は基本的に徒歩か自転車だったらより一層そう思うんじゃないでしょうか。

でもインターネットで調べてみると出張買取サービスがあることを発見。

ということで、僕も初めて出張買取サービスを利用してみることにしました。

方法は簡単。

  1. 電話で予約
  2. 日程調整して自宅まで買い取り
  3. 値段は後日連絡で口座入金

ちなみに、本以外の家電なども買い取ってくれるそうです。


僕は専門書以外にも自己啓発本や漫画など、なんだかんだ100冊程度を売れました。

▶【ブックオフ】公式宅配買取サービス

買取金額は総額4000円程度

高いか安いかはさておき、捨てようと思っていたものがお金に返れたのはとても大きいし、何よりゴミにならずに済んだのがとてもよかったなぁと思いました。

結論、本を処分したいときは買い取ってもらおう!

本を捨てれない人(本だけじゃなくてモノ全般)はぜひ買い取ってもらいましょう。家まで買い取りに来てくれるサービスは本当に便利です。いらないモノをまとめておいておけば勝手に持って帰ってくれてしかもお金に変わって帰ってきます。

楽に手放して、ちょっとお小遣いを稼ぎたい人は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

▼おすすめサイト▼

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. […] ▶関連記事:本棚に漂う閉塞感~断捨離をして気づいたこと~ […]