世紀のジャイアントキリングならず、惜しかった日本代表

FIFAロシアワールドカップ2018。つい先ほどベルギーVS日本の試合が終わりました。

結果は3対2という惜敗。負けてしまいましたが、今までの日本代表の中で一番いい試合をみせてもらいました。

スポンサードリンク

圧倒的有利と思われていたベルギーを追い詰めた日本代表

戦前の予想はえぐかったですよね。日本代表が勝てるわけがないとか、0-5でぼこられるとか。敗戦予想しかありませんでした。

試合が始まってみると、意外と前半の最初は戦えているなと思いました。大迫にボールが収まれば形も数回作れていたしちょっといけるんじゃないかななんて思っていました。

時間が過ぎていくと徐々にベルギーペースに。収まっていたはずの大迫のところまでボールが届かなくなってきて、この辺りはやはりさすがベルギーの修正力でした。

ただ、前半の終盤は少し日本も挽回。3バックのサイドをうまく突いてフィニッシュまで持ち込む機会もみられました。

そんなこんなで0対0で折り返した日本代表。ここまではプラン通りの展開だったと思います。

そして、後半もやはり3バックの裏がポイントになると予想していました。

後半のキックオフ直後、誰もが予想しなかったことが起きました。

柴崎の裏への絶妙なスルーパスから原口のゴール。

そして、立て続けに乾の豪快ミドルで追加点。

このとき日本国民みんながいけるんじゃないかと思ったはず。

ベルギーが勝つと予想していた人たちは驚きを隠せなかったはず。

圧倒的有利と思われていたベルギーを追い詰めた日本代表でした。

フェライニ投入で戦術がわかっても対応しきれなかった日本代表

ベルギーはたまらず身長190㎝のフェライニを投入。

ルカクと横に並べて、早くもパワープレーで流れを変えようと手を打ってきました。

で、この戦術が見事に的中。

コーナーキックのこぼれ球からフェルトンゲン、アザールのクロスからフェライニ。

立て続けに2ゴールで、2対2の同点に。

パワープレーってわかっていても対応しきれなかったところが、日本代表の弱さというか世界との差というか、世界の壁を感じた瞬間でした。

世界の主流、高速カウンターの餌食で万事休す

日本代表も柴崎と原口を下げて、本田と山口を投入。

本田がキープできることで日本にも少し流れが傾き、フリーキックやサイドからの崩しなど惜しい場面が続きました。

誰もがこのまま延長戦と思った45分+4分目の日本代表のコーナーキック。

蹴るのは本田圭佑。日本代表もラストプレーたと思い、前線に人数をかけてました。

蹴ったボールはクルトゥワがキャッチ。あぁ延長やな、なんて思ってたら次の瞬間。

クルトゥワが素早くデブライネにスローイング。

そのままドリブルで駆け上がるデブライネ。これがまた速い。

一気にアタッキングサードに持ち上がられて、がら空きの右サイドにスルーパス。

それをゴール前にダイレクトで折り返し。待っていたルカクには吉田がついていたので守れたと思ったら、そのルカクが何とスルー。その後ろに走りこんだシャドリがシュート。

これが、ゴールに突き刺さりベルギーが逆転。

キーパーがキャッチしてからゴールまで10秒程度のまさに高速カウンター。

世界のサッカーを見せつけられた瞬間であり、日本代表のリスクマネジメント不足を露呈した瞬間でした。

世紀のジャイアントキリングならず、惜しかった日本代表

そして、このまま試合終了のホイッスル。

後半の中頃までは、韓国がドイツを下したような世紀のジャイアントキリングを期待させる戦いでした。本当におしかった日本代表。

この4年間でおそらくベストパフォーマンスで、いい夢を見させてもらった90分間でした。

前回のブラジルワールドカップとは違った充実感。そして悔しさ。

次のカタールワールドカップこそベスト8に入れるように、今大会とここまでに至る日本代表の在り方を見直していただいて、新体制を構築してほしいと思う。