やりたいことをやるために宣言した方がいい2つの理由

スポンサードリンク

こんにちは、匠(@takuchan_PT)です。

先日、こんな記事をかきました。

▶大好きな場所で仕事をした方が絶対いい理由

僕は、自分が働きたい場所でまた働くために周りに堂々と宣言した。

『3年したら、ここを辞めます』と。

今日は、なんで僕がこんな行動をとったかを話していく。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

やりたいことをやるために宣言した方がいい2つの理由

☑宣言することで自分自身の原動力になる

周りの人たちに、自分がこんなふうになりたい、あんなふうになりたいって話すのってださいって思っている人いませんか?そんな考え方でいる人の方がよっぽどダサい!!

自分のやりたいことを周りに言えずに(言わずに)過ごすといくらでも逃げ道はできるから。本間に心からやってみたいこと、やりたいことがあるなら堂々と宣言して、周りを巻き込んだ方がよっぽど楽しいし、自分のエンジンにもなる。

周りの目を気にせずに宣言したことで、3年で成長しないと自分の原動力になった。

☑宣言することで逆算して行動するようになる

3年で辞めますと宣言した僕。入職してすぐに3年というリミットを自ら作り出した。

そうすると、来る3年目までに自分が何をしていかないといけないかがある程度逆算できる。

未来の自分を想定して、今すべきことをやっていく。

当時の僕の3年後になりたい姿は「脳血管疾患の人をそれなりに診れるようになる」だった。

そのためには、先輩後輩関係なく、わからないものは包み隠さずわからないと教えてもらい、自分ができる限りの勉強に励んでみたりした。

3年後の現在、確実に3年前よりは脳血管疾患の人をどういううふうに診たらいいかがわかるようにはなってきたし、3年前よりははるかに成長したと思う。

自分の道は自分で作る

周りが○○しているから、周りの人に△△おもわれてへんかな、なんて思ったりしてませんか?自分がやりたいことがあるなら、そうやって周りの目や言葉に「反応」せず、自分のやりたいことをやるために貫きとおすべきだと思う。

脳のことはアイツに聞けばいいっていう立ち位置を作りたい。っていう目標に向かって行動した。結果として、3年前いた病院に再就職し、今まで誰もしていなかった自分の確固たるポジションも確立しつつある。

たった1度きりの人生。無駄にしたくない。やりたいことをやりたい。後悔したくない。

自分がやりたいことがあるなら実現に向けて、自分で道を作るべきだと思う。

さいごに

今、やりたいことははもう一つ財布を作ること。

つまり確固たるパラレルキャリアを作ること。

何としてでも実現する。

やったるでー。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク