キャッシュレス生活を導入した結果

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

つい2か月前キャッシュレス生活を試験的に導入した。

参照元:キャッシュレス生活を試験的に導入中

その結果を今日は報告しようと思う。

スポンサードリンク

金銭管理のストレスが半端ない

キャッシュレス生活では、僕は主にカードを使用した。その理由は電子マネーをスマホで使うことがハードルが高いように思ったから。LINE PAYや楽天Edyなどの使用も考えたが、使える店舗が限られていたりしたので、現段階では使用しなかった。そのため今回はクレジットカードを使用した。

そのクレジットカードで支払うと、あることが可能となる。それは自分の所持金以上の買い物ができてしまうことだ。計画的な買い物であれば、自分の所持金以上の買い物もいいと思うけど、実際そんなことしたら赤字になるのはいうまでもない。

この管理が本当に難しかった。クレジットカードで払うはいいけど、自分がいくら使ったかを把握することに本当に苦労した。いちいち、どこかにメモを残すのが本当に手間だった。僕は結果的に家計簿アプリZaimを使用することで、その管理ストレスを若干は軽減できたけど、もっと効率的に管理できる方法を教えてほしいなと切実に感じた。

金銭管理感覚は圧倒的に改善された

金銭管理ストレスがあった一方で、よかったこともあったのは確かだ。

家計簿アプリで管理するくらいまでしだしたら、金銭管理感覚が驚くほど改善された。

今まで無駄だとも思わなかったことでも、無駄遣いしてるなと見える化されるようになった。

そうすると、いつもふらっとしていた買い物する頻度も激減した。

金銭管理以外でもよかったこと

・支払いの手間が短縮される

・お金をだすことがなくなった

キャッシュレス生活と現金生活の半々が今はちょうどいい

日本政府も2020東京オリンピックに向けて、キャッシュレス社会を加速させたいみたいだ。

しかし、一気に加速すると、その変化についていかないのは、キャッシュレスに対応する店舗だけではないように思う。

本当に対応できないのは、キャッシュレスで生活する人たちの方だ。ついつい使いすぎて支払いができなくなる人たちが多くなって逆に不便になることも予想されることだ。それに僕のようにその管理につかれる人たちもきっと多く出てくるだろう。

今回キャッシュレス生活を一気にキャッシュレス生活は難しいと感じた。今の段階ではキャッシュレス生活と現金生活が半々くらいがちょうどいいなとかんじたので、僕は今年はキャッシュレスに慣れれるようにまずは半々で生活しようと思う。

まとめ

キャッシュレス生活を進めるには、よっぽどお金の感覚が研ぎ澄まされていないときついんじゃないかなと感じたのが正直な感想だ。そんなお金の管理に対する考え方を、紹介している記事があったので、紹介して終わりにしようと思う。その記事を書いているのは、いつも生活のことなどを参考にさせてもらっている、ミニマリストしぶさん

その記事がこちら

カードで後払いをする時に、無駄使いを減らす科学的な方法

気になる人は是非読んでみてほしい。

じゃぁ今日はここまで。社会の変化についていくのも大変だなぁ。