1ヵ月1万円生活をする中で気づいたこと

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

僕は今、あることを検証しています。

それは、1ヵ月1万円生活。きっかけは職場の主任との会話でした。

スポンサードリンク

1ヵ月1万円生活をして10日目

1ヵ月1万円生活を開始して、10日が経過しました。

今、僕の財布にある残金はこちらです。

残金、¥2,296・・・

まだ10日しか経ってへんのに、のこり¥2,296。

普通に考えれば、失敗してるやんとか、思われると思います。

たしかにこの調子じゃ1ヵ月1万円生活は失敗に終わるでしょう。

幸せになれるお金の使い方がわかってきた気がする

1ヵ月1万円生活は失敗しそうな感じがしています。

しかし、1ヵ月1万円生活をする中で、大事なことに気づくことができました。

それはお金の使い方で次第で、幸せになれるということ。

普段は大体、お小遣いの使い道は、できる限り自分の欲を満たすことにばっかり使っていました。飲みに行く・アルコールを買う・本を買うなどなど。

でも今回は違います。できる限り、妻が喜ぶことにお金を使うように心がけてみました。

そうするとある変化が自分の中に生じました。いつもはお金が減っていけばいくほど不安や不満が生じていましたが、今はそんな気持ちが全く生じることがなくて、むしろ妻が喜んでくれるからいいか、なんて思ったりしています。

さらに、夜ご飯が少し豪華になったり、妻がいつもご機嫌だったりとなんかいいことが増えた気もします。

自分のために投資ではなくて消費するとどんどん不幸になっていたのが、人のために使うことで、幸せになってきている気がします。

この調子で残りの期間も過ごしてみます。