1万時間の法則は神話だったらしい

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

今日は気になったLifeHack記事を。



1万時間の法則

1万時間の法則とは

何ごとに置いてもプロレベルになるには大体1万時間かかるというもの。

1日8時間仕事をするとして、1週間で40時間、1ヵ月で160時間。

1年間で1920時間。

5年~6年間でだいたい1万時間。

どうもこの法則は嘘らしい

この記事で紹介されているのは、ただ単に時間をかけることが上達への近道でなく、いかに練習するかが上達するための近道だということ。

この記事でのいかに練習するかは、コーチをつけたり、計画性をもって練習した方がいいと提案しています。

言っていることは確かにそう。ただ、この根本には、1点に集中するということがあると思います。

あれもこれもするなかで、コーチをつけたり計画をたててもパワーが分散されてしまいます。

あれもこれも手を付けたいと思っているあなた。

優先順位をつけて、今は何をしないか。

そして今、何に1点集中するか、整理をしてみてもいいかもしれませんね。

▶※時間がない人必見、時間の作り方!!

時間に無頓着な人は、人の命を搾取する。