成功に目を向けるな、成長に目を向けろ

こんにちわ、匠(@takuchan_PT)です。

成功したい成功したい成功したいと強く願っていたけど、願いすぎてもう少しで不幸になるところだった。

成功は失敗の種とよく言うし、理解しているつもりやったけど、全然わかっていなかった。



スポンサードリンク

成功とは何か

成功したいと思っている人はたくさんいると思う。

でも『成功』ってかなり曖昧でどんなものかよくわからない。

成功は、計画などがうまくいき目標が達成できたことや、

社会的に一定以上の地位を得たことを指す。失敗の対義。

Wikipediaより引用

計画がうまくいき目標が達成できたことや失敗しないことを『成功』というなら、ほとんどの人が毎日何らかの『成功』を手にしていることになる。でもほとんどの人はこれを『成功』とあまり言わない。

社会的に一定以上の地位を得たことを指すのであれば、ほとんどの人は『成功』から離れることになるし、功を成すことができるのはわずかな人達になる。

まぁでもほとんどの人が後者を『成功』ととらえているだろう。

(ここでいう社会的地位を何を指すのかはわからないがものすごく曖昧ではあるが。。。)

成功したいと考えれば考えるほど不幸になる

成功したいと考えて、なにかに挑戦しては挫折して、また違う何かに挑戦しては挫折して。。。

こんな経験をしている人も多いんじゃないだろうか。

僕もいろんなことに割と手を出すタイプだったから、まさにそんな状態だった。

挫折を繰り返すと、なんかもうわけが分からなくなってきて『成功』とはほど遠くなってくる気もするし、無力感に襲われることも少なくなかった。

でも、なんとかして自分の一回限りの人生やから成功したいとは強く思い続けて、どんどん泥沼にはまっていった。

挫折を繰り返すことはネガティブなことじゃなかった

挫折をすることはよくないこと。

僕は小学校の時から失敗するのが嫌だった、いや違う、失敗することはよくないと刷り込まれていた。

だから、挫折をすること・失敗することはよくないこと、と無意識に思っていた。

でも、違った。

挫折を繰り返すことは決してネガティブなことじゃなかった。

色んな事に挑戦して挫折を繰り返しているなら、自分に合わなかったことがわかったということに気づけている。

色んな事に手を出すことは決して良くないことではなくて、自分の得意なことを見つけるための最良手段。

成功に目を向けるな、成長に目を向けろ

成功は、計画などがうまくいき目標が達成できたことや、

社会的に一定以上の地位を得たことを指す。失敗の対義。

Wikipediaより引用

この成功の定義にのっかるなら、挫折は失敗であり、成功の反対だ。

ただ、挫折・失敗することで自分の得意なことに気づくことができたことは成長だ。

そして挫折・失敗を繰り返すことで、どんどん成長して、最終的な目標に到達する。

そうやって長い目で見れば、挫折・失敗こそが肥料となり、『成功』に到達できる。

だから、すぐには『成功』できなくても、すぐに『成長』はできる。そして『成功』に確実に近づく。

成功に目を向けるな、成長に目を向けろ。

趣味を成長することにした

どんどん挑戦して、どんどん挫折・失敗を繰り返す。

それを肥料にしてどんどん『成長』する。

『趣味を成長すること』と公言して、どんどん自分を追い込んで、どんどん成長してやる。

失敗したくない、怒られたくない、でも成功したい。

そんなことは不可能だ。

成功したいなら、成長するための肥料集めに徹するべき。

なんでも挑戦して、たくさん挫折・失敗を繰り返そう!!!!